お風呂上がりの赤ちゃんへの湯冷ましは本当に必要なのか

祖母や母親からお風呂の後は赤ちゃんも喉が渇いているので湯冷ましを飲ませなさいと言われた事はありませんか?

結論から言うと、特に必要はありません。

これも「母乳育児中の赤ちゃんに果汁を飲ませるてもいいのか?」と同じで昔からある名残です。昔のミルクは、栄養素が不十分な牛乳のような感じで、たんぱく質が多く含まれ浸透圧が高く濃すぎると言われていました。

濃すぎるというところから「水分を補給しなければ」という考えになり、お風呂上がりの湯冷ましが定着したというわけです。お風呂上がりだからと言って湯冷ましをあげなくても、母乳の約90%ほどは水分ですし、喉が渇いていたら母乳を欲します。

現代のミルクはかなり母乳に近付いていて充分水分補給できますが、母乳よりも消化しにくく胃に負担がかかりやすくなります。ただ、暑い日など赤ちゃんが汗をたくさんかいていてミルクの間隔が短いようであれば、湯冷ましをあげても大丈夫です。飲ませてあげる時は、お腹がいっぱいになりすぎないよう少量で止めておく事が大切です。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2016年2月8日 お風呂上がりの赤ちゃんへの湯冷ましは本当に必要なのか はコメントを受け付けていません。 母乳育児Q&A