乳腺炎は予防できる!乳腺炎にならないための対策は?

経産婦ママから「痛い」と聞いて不安なママも、「もう二度と乳腺炎になりたくない!」というママも乳腺炎になるリスクが回避できるなら、乳腺炎になりたくはないですよね。
そんな予防策をご紹介します。

簡単にできる乳腺炎の予防策

 食事は和食中心を心がけて!

washoku

乳腺炎の予防につながる食生活、母乳育児中にもっとも良いのは和食と言われています。
授乳中は糖質、脂質の多いものを食べたくなる気持ちも分かりますが、摂取しすぎると母乳の質が低下しドロドロになり、母乳の詰まりに繋がってしまうのです。
絶対に食べてはいけない!という訳ではありませんが、血液をサラサラにする事を意識した食生活は、乳腺炎予防に繋がります。

 授乳は色んな角度から

baby

授乳は同じ姿勢でばかり授乳していると、一定の場所に古い母乳が残ってしまい乳腺炎になる事があります。
たまには違う姿勢での授乳を心がけ、母乳の飲み残しがないようにしましょう。
母乳の出が良く、赤ちゃんが飲む量よりも多く出てしまう場合は、全体的に古い母乳が残ってしまいがちになるので、先絞りを行い、少し母乳を搾乳してから授乳するようにしてみてください。

 おっぱいは圧迫しない

差し乳・張らないおっぱい

おっぱいを圧迫すると乳腺も押しつぶしてしまい母乳が詰まってしまう原因となります。
産後すぐにワイヤー入りの固定する下着ではなく、しばらくはゆったりとした授乳用の下着などを使用するようにしましょう。また、添え乳を頻繁にするママは横向きで寝る事が多いと思いますが、下がっているおっぱいの方に母乳が溜まりがちになってしまうので注意が必要です。

 

この他にマッサージも効果的ですが、それは正しいマッサージの場合。
不適切なマッサージは逆に乳腺を詰まらせてしまう原因になりかねません。
妊娠中や産後入院中に助産師さんなどに正しい方法をレクチャーしてもらった方が安心ですね。

また、乳腺炎のなりかけは『うつ乳』といって初期症状が現れている場合があります。うつ乳の初期症状を見逃さず悪化させない事も大切といえます。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月30日 乳腺炎は予防できる!乳腺炎にならないための対策は? はコメントを受け付けていません。 母乳育児と病気