たんぽぽコーヒーがまずい!母乳のために無理して飲まないとダメ?

母乳の質を高める「たんぽぽ根」を含んだたんぽぽコーヒーたんぽぽ茶はもちろん人それぞれで好みがあり、「不味い!」「美味しくない!」と感じる方もいるでしょう。

結論から言うと、無理して飲む必要は全くないです。
これは母乳育児に必要な栄養素を“補てん”してくれるものなので、自分で栄養管理ができるのであれば必要ないもの。またサプリメントの摂取などで栄養補助することも可能です。

たんぽぽ根の栄養を補てんできる食べ物・飲み物

たんぽぽコーヒーのダイエット効果

たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶が母乳にもたらす効果は次のようなことです。

血液をサラサラにする効果
整腸・便秘の改善効果
冷え症の改善効果
自律神経・ホルモンバランスを整える効果

これらが噛み合うことで、母乳の質や出が良くなり、ママや赤ちゃんに与えるメリットを与えると言われています。

代替品①:ルイボスティー

ルイボスティーに含まれるルイボスは、ミネラル成分を豊富に含んでいるため体を温める(冷やさない)効果があると言われています。

体の冷えを改善することで血流も良くなるため母乳にメリットを与えてくれます。

代替品②ハーブティー

ハーブは、副交感神経を高める(リラックス効果がある)最も代表的なアロマ成分です。

副交感神経が高まることにより、冷え症・血流の改善が見込めるため、母乳へ与えるメリットが期待できます。

ハーブティーにしていただいたり、赤ちゃんと一緒に部屋全体をハーブのアロマで包み込むことでも享受することができます。

代替品③ヨーグルト

ヨーグルトは腸内を綺麗にする効果があります。
腸は「第二の脳」とも言われており、血液を造り出す臓器でもあることから、腸の良し悪しによって体の状態は大きく左右されます。

特に母乳は血液から造り出されているため、腸を整えることは非常に重要なのです。ヨーグルトが苦手な方は、腸内の善玉菌の量を増やす発酵食品(納豆・キムチ・麹など)であれば同じ効果を受けられるので是非試してみてください。

代替品④サプリメント

実際にはたんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶でも母乳育児に必要な成分を全て網羅しているわけではありません。現実問題すべての栄養を食品だけで補給することは難しいため、医師や助産師の間でもサプリメントの摂取を勧めていることがあります。

特に授乳期においては母体のビタミン不足、葉酸不足が顕著であるため、抜け毛極度の疲れストレスを抱える傾向にあります。

場面や状況に見合ったサプリメントの摂取も検討してみましょう。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー