ダイエット効果も!たんぽぽコーヒーを授乳期に飲むべき3つの理由

たんぽぽコーヒーとは、その名の通り「たんぽぽ根」という中国で古くから伝わる漢方薬を含んだコーヒーです。ただコーヒーと言っても、実際に豆を焙煎しているわけではなく、香りや風味を模して作っているだけなので厳密に言うとコーヒーではありません。

そしてこの「たんぽぽ根」はダイエット効果を始めとする、女性、特に授乳期のママに嬉しい効能をもたらしてくれる成分なのです。

→エリママが飲んでいるたんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーを授乳期のママが飲むべき3つの理由

たんぽぽコーヒーのダイエット効果

母乳の出が良くなり質を高める

漠然と「母乳の質が良くなる」と言うと分かりづらいかもしれませんが、「差し乳になる」と言うとイメージが付きやすいと思います。

差し乳とは、赤ちゃんが乳頭をくわえた瞬間に母乳が生成され、常に新鮮でおいしい母乳を与えられるようなおっぱいのこと。この逆が溜まり乳といって、おっぱいが張りやすく、古い母乳が溜まりやすいおっぱいのこと。

たんぽぽ根には、自律神経やホルモンバランスを整える働きがあるため、臓器の働きや母乳の生成をスムーズに・最適に導く効果があるんです。

従って、「母乳の出が良くなる」というのは、母乳が出やすい人にとって拍車をかけるものではなく、正常値に導くという意味なんです。だから母乳が出やすい人・出にくい人、両方に効果が期待できるものなんです。

ダイエット効果

たんぽぽ根にはダイエット効果も期待できます。
たんぽぽ根には胃や消化器官に働きかけ消化不良を改善する効果があることが分かっています。

従って、胃や腸での消化がスムーズになり、便秘の改善や、腸内の悪玉菌の滞留を予防し、全身の代謝が活性化されるのです。

また、腸は血液を作る臓器でもあるため、善玉菌優勢の綺麗な腸内ではサラサラな血液が作られることが分かっています。つまり、これによる美肌効果やもちろん母乳の質を高める効果も期待できるのです。

冷え症の改善効果

授乳期中の体の冷えは母乳にも影響するため絶対に予防したいところですが、このたんぽぽ根には生姜のような体を温める効果もあるため、冷え性の予防に最適なんです。

自律神経のうち、交感神経と副交感神経の切り替わりがうまくいかない人は体の冷えを伴う傾向にあるのですが、たんぽぽ根にはハーブティーのような全身をリラックスさせる効果があり、自律神経の切り替えをサポートしてくれるのです。

「コーヒー」と聞くと体を冷やしてしまうのではないかと勘違いしてしまいますが、冒頭お伝えしたように、厳密に言うと「コーヒーではない」ので安心してください。

たんぽぽコーヒーは女性に嬉しい効能がいっぱい!

いかがでしたか??
たんぽぽコーヒーは女性に嬉しい効果がたくさんあることがわかったと思います。まとめると…

自律神経やホルモンバランスを整える
母乳の出が良くなり、質が高まる・美味しくなる
ダイエット効果
消化器官に働きかけ便秘予防
血液がサラサラになり美肌効果も
体を温め冷え症を改善
全身をリラックスさせる効果

もちろん授乳期に限らずたんぽぽコーヒーは飲んで構いません。ノンカフェインで、厳密に言うとコーヒーではないので「飲み過ぎ」による副作用もありません。母乳育児、授乳期のお供に試してみてください。

→エリママの飲んでいるたんぽぽコーヒー

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー