完全母乳育児体験談~ミルク作りが面倒だった私の物臭が成功の秘訣

母乳育児をしようと思った理由・きっかけ

母乳だけで育てようと思ったのは、正直に言うとミルクを作るのが面倒だったのと、節約のためです。

一人目の子供のときにはミルクと混合で育てたのですが、かなりのミルク代がかかりました。哺乳瓶を消毒したりするのも面倒でした。

二人目の子を出産した産院が母乳育児推奨だった為、母乳だけで育てられるならそうしたいと思うようになりました。また一人目の子とは年子の為あまり赤ちゃんばかりに構ってあげられないということもあり、母乳育児にすることで少しでも多く触れ合いの時間を持ちたいと思ったからです。

母乳育児で一番辛かった・悩んだ体験

母子ともに授乳に慣れるまでは、乳首が痛いのが辛かったです。特に生まれて一週間ほどは、乳首が切れて血が滲むほどでした。

しかし最初の一週間にしっかり吸わせることで、その後の母乳の出が決まってくると聞き、歯をくいしばって泣きながら授乳をしていました。それを乗り越えると、次は乳の張りすぎによる痛みや、乳腺炎による発熱などに悩まされました。

母乳がたくさん出てくれるのは嬉しいのですが、乳房が石のようにカチカチになったり、乳腺炎で39度の熱が出たりと辛いことも多くありました。

母乳育児で重要視したこと・実践していたこと

ミルクを使わなくても、とにかくしっかりと赤ちゃんに飲ませてあげたかったので、食生活などに気をつけて母乳量をキープするように努めました。
水分をしっかり摂って、食事は根菜などの野菜を多く摂るように心がけました。

主人にも協力してもらい、少し長風呂をして体を良く温めたりもしていました。

母乳は飲んだ量がはっきりとわからないのが難点なので、ときどき搾乳器で絞ってみて、どれだけ出ているのかを確認したこともありました。そのおかげで、一切のミルクの追加なく、母乳だけで育てることができました。

母乳育児を終えて感じたこと、完母成功の理由

母乳育児に大切なのは、何よりも根気と体力だと感じました。
母乳育児は始まりから終わりまで、赤ちゃんだけではなく自分の体までしっかり管理しなければなりません。

気を付けなければいけないことや、我慢しなければいけないことがたくさんです。まさに身を削って赤ちゃんに与えるわけですから、赤ちゃんのためにどれだけ頑張れるか、自分を犠牲にできるかに母乳育児の成功はかかっているのではないかと思います。

そして、赤ちゃんの力も重要です。
辛いことも多いですが、それを乗り越えるための嬉しいこともたくさんありました。お乳を吸いながらウトウトするかわいさや、必死に服にしがみつく姿などは、辛いことを全てチャラにするだけのパワーがあります。母子ともに頑張ってこれたから、最後まで母乳育児をやり通すことができたのだと思います。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2016年2月9日 完全母乳育児体験談~ミルク作りが面倒だった私の物臭が成功の秘訣 はコメントを受け付けていません。 母乳育児の体験談