母乳育児体験談~直母で母乳を吸ってもらうまで1ヶ月かかった

母乳育児をしようと思った理由、きっかけ

母乳といえば生まれたばかりの新生児の赤ちゃんにとって、とても大事な栄養源です。
しかも栄養だけではなく、赤ちゃんが生まれてから三ヶ月間は、母親から母乳を通して赤ちゃんに免疫を与えられることができます。

そしてなによりも、赤ちゃんとの一番のスキンシップになります。
この事が、私が完全母乳育児をしていこうと決めた理由です。

母乳育児で一番辛かったと同時に実践したこと

私は母乳の意味をよく知り、妊娠中から母乳育児で頑張ろうと決めていたので、産院で行われる母親教室で習った乳首マッサージをお風呂に入っている時やお風呂上りに入念に行い続け、予定日前には乳首から透明な粘り気のある液体が出るようになり、母乳を上げる準備が揃い、出産を迎えました。

そして出産後、マッサージを頑張った甲斐があったのか母乳はすぐに出てきて、いつでも飲ませられる状態でした。

ところが、生まれたばかりの赤ちゃんが乳首を吸ってくれない!

何度母乳が垂れる乳首を近づけてみても吸い付かない、口が開いた時に乳首を入れてみても泣いて嫌がる、挙句の果てには怒り出す始末・・・。

こんなにも母乳は出てくれるのになんで吸ってくれないんだろう、と不思議に思いながら搾乳をした母乳を哺乳瓶で飲ませると、いとも簡単にごくごく飲んでいました…。

新生児期マタニティブルー

母乳が嫌いというわけではなさそうなのでひとまず安心し、その後は乳首をくわえさせる練習をしたあと搾乳した母乳を哺乳瓶であげる日々が続きました。

しかしこの作業は一度の授乳に1時間半くらいかかり、3時間おきには起きる赤ちゃんとが重なり、毎日寝不足の日々。そして何より、搾乳中はお腹が空いたと泣き喚いているし、母親のおっぱいを直接吸わないという事実が辛く新生児期はマタニティブルー状態に近かったと思います。

お腹が空いているはずなのに母乳は頑なに拒む

産院を退院後も、自宅では同じくお腹が空いたと泣いたら乳首をくわえさせてみる→吸わないので搾乳をする→搾乳したものを飲ませる。の繰り返しで、精神的にも肉体的にもとても大変でした。

とにかくその時の私は、赤ちゃんも母親も授乳初心者だから、吸えるまで根気よく頑張らなくちゃ!なによりミルクより母乳のほうが赤ちゃんにとっては大事!いつかはちゃんと吸ってくれる!と言い聞かせ、お腹が空いたら毎回必ず乳首を咥えさせる練習を10分間しました。どんなに泣いていても10分は根気強く練習をしました。

産後1か月後、ようやく母乳が出るようになった

そして赤ちゃんが生まれてから一ヶ月近く、根気強く練習をしたおかげか、嫌々ながらも初めて乳首を吸ってくれ、そこからは5回に1回くらいの割合で乳首を吸うようになっていきました。

そして生まれてから1ヶ月半頃、相変わらず嫌々しながらも吸う割合も増えてきて、こんなに練習したんだからちゃんと次も吸ってくれる。大丈夫。と自分に言い聞かせ乳首を近づけたら、自分からパクッとくわえ吸ってくれました。

この時の感動は今でも忘れられません。そしてそれからは毎回乳首を吸ってくれるようになり、どんなに辛くても諦めないことが大事なんだと知らされました。

母乳育児を終えて感じた事

現在は完全母乳で赤ちゃんを育て、そろそろ離乳食がスタートします。
離乳食スタートに伴い、母乳をあげることが少なくなっていくんだなと思うと少し寂しい気持ちもありますが、完全母乳育児だったからか赤ちゃんに病気もなくすくすくと大きく育ってくれています。

私のこの体験談を通して完全母乳育児を目指す方に伝えたいことはただひとつです。
母乳育児をやり遂げるという強い意志で望んでください。

もしなにか辛いこと、困ったことがあっても、諦めずに頑張れば赤ちゃんも応えてくれます。1ヶ月も2ヶ月もかかってしまうかもしれませんが、可能性はゼロではありません。

完全母乳であげていける喜びは計り知れませんから、誰かに悩みをこぼしてでもいいので頑張りましょう!この体験談が、誰かの励みになれば幸いです。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2016年2月16日 母乳育児体験談~直母で母乳を吸ってもらうまで1ヶ月かかった はコメントを受け付けていません。 母乳育児の体験談