片方のおっぱいしか母乳を飲まない!赤ちゃんが嫌がる原因と対処法

片方の決まったおっぱいばかり飲んで、もう一方は嫌がって飲まない…
片方しか飲んでくれないとおっぱいが張るし、熱を持って痛くなると困りますよね。

エリママもこれに悩まされた経験があります。放っておくと古い母乳が溜まって乳腺炎になったり、無理矢理飲ませてもいいものか頭を悩ませるところです。

片方の母乳からしか飲んでくれない原因

nayami

①母乳が美味しくない

母乳は乳腺炎になりかける、もしくはなると、黄色味がかりドロッとしていてしょっぱい母乳になってしまいます。

通常は白くサラッとした母乳なのですが、赤ちゃんでも美味しく飲める方のおっぱいを飲みたいですよね。最初は赤ちゃんも無意識に片方に集中してしまい、もう片方の母乳が時間と共に古くなってしまっていることが原因です。

乳腺炎の改善のためにも、また片方に集中させないためにも多少強引にでも飲ませるべきですが、強く拒むときは搾乳を行いながら翌日以降自然な形で飲ませましょう。

②乳腺が開通していない

まだ乳腺が開通していないおっぱいと、乳腺が開通しつつあるおっぱいとでは、やはり偏りがでると共に開通していないと詰まって乳腺炎を引き起こす原因となってしまいます。

対処法としては、とにかく吸ってもらうこと。

マッサージを織り交ぜながら、先に出にくい方のおっぱいを与え飲みやすくし、時間を決めてもう片方の出やすい方を与えていました。余裕のある時は、出やすい右を飲ませて→左を飲ませて→また右を飲ませる。という感じで分泌を促しました。

母乳の出過ぎで片方を飲ませていて、赤ちゃんがお腹いっぱいで飲まないと言うのもよくある話です。母乳が出にくい方も出過ぎている場合も共通に大切な事は、時間を決めてバランス良く飲ませる事です。

出過ぎるママは、まだ残っているからといって授乳後に搾乳してしまう方がいます。すると『張り返し』が起きて分泌が過剰になってしまうので気を付けましょう。

③授乳姿勢が悪い

赤ちゃんにも授乳姿勢に好みがあるようで、良く飲んでくれる姿勢というものがあります。
フットボール抱きの授乳は、普段残ってしまう部分の母乳まで出す事ができ、乳腺の通りを良くする効果があるので普段から横抱き、縦抱きのママはチャレンジしてみるといいでしょう。

両方が同等量出てくれればこんなに嬉しい事はないですが、中々難しい問題です。辛い事も多い授乳ですが母乳を飲んでくれる期間はとても短くあっという間です。乳腺炎などおっぱいのトラブルなどに気を付けながら今しかない授乳ライフを楽しんでください。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年11月20日 片方のおっぱいしか母乳を飲まない!赤ちゃんが嫌がる原因と対処法 はコメントを受け付けていません。 母乳育児Q&A