母乳が出過ぎて困ってるママへ。授乳後の搾乳はNG!

おっぱいが出過ぎてすぐに張ってしまう。
母乳パッドなどを何回も取り替えねばならない。

母乳が出過ぎるママは乳腺炎などのおっぱいのトラブルにもなりやすいし、また出ない場合の対処法はよくありますが、出過ぎる場合の対処は少なく、間違った対処法をしている場合があります。

授乳後の搾乳は逆効果!

「出過ぎるので授乳後にも絞りきっているのに、またすぐにおっぱいが張ってしまって痛くて辛い」という相談をいただきました。

結論から言うと、授乳後の搾乳はより母乳を作り出す原因となってしまいます!

以前は、母乳が残っているとおっぱいのトラブルに繋がるからと指導されている病院もあったようですが、母乳が出過ぎるママこそ、絞り切らずに少し残しておく必要があります。

母乳を出し切ってしまうと、母乳がなくなった!また作らないと!と身体が勘違いしてしまう「張り返し」という現象が起きます。

授乳後に搾乳してしまっていたママは、先絞り圧抜きする習慣に変えて見てください。飲み残しを捨てて、新鮮で栄養満点な母乳を飲ませてあげると言う流れを作りましょう。ただ、先絞りも圧抜きも絞りすぎは厳禁。あくまでもおっぱいの張りが少し収まり圧を抜く程度に留めておきましょう。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月23日 母乳が出過ぎて困ってるママへ。授乳後の搾乳はNG! はコメントを受け付けていません。 母乳育児Q&A