母乳育児から離乳食の進め方~いつから始めるのが平均的?

一般的に離乳食の開始時期は、5ヶ月~6ヶ月だと言われています。

しかし、無理に5ヶ月からと区切り離乳食を進めないで、赤ちゃんが食べ物に興味を示した時が離乳食開始時期と捉えるようにしましょう。

イラスト離乳食は、赤ちゃんの食べる楽しみを感じる基礎となります。母乳が好きな赤ちゃんは中々離乳食を食べてくれない事が多いので無理やり強制しないで赤ちゃんのペースに合わせてあげましょうね。

母乳を欲しがるけど与えてもいいの?

母乳育児から離乳食へ切り替え

離乳食を始めても母乳を欲しがる赤ちゃんはたくさんいます。
理由は、母乳の方がおいしいからです。

母乳は味が毎回異なり、赤ちゃんにとっても飽きが来ず、また愛着があるため母乳育児の子にとって母乳をやめて離乳食に切り替える理由が無いのです。

母乳の方が顎の力が鍛えられ、栄養分の吸収率も離乳食より良いため離れられない子が多いです。また、子供のことを考えてもわざわざ離乳食に切り替える必要もありません。

逆にミルク育児の子にとっては、ここで初めて「味の変化」を体験できるため、とっても興味を示してくれます。

早い子で1歳半、長い子で5歳まで母乳っ子、というのも珍しくありません。

離乳食開始のポイント

小学生で母乳を吸ってる子供がいないように、放っておいても自分から母乳離れしていくものですが、そうは言っても人それぞれ生活環境が違いますからね。どうしても断乳させなければならないときのためのテクニックをお話しておきます。

決まった時間に離乳食を与える

赤ちゃんの生活リズムを整え、毎日決まった時間に離乳食を与えるようにします。離乳食初期の場合は、パパとママが一緒に食事をとれる時間などに合わせて1日1回離乳食に挑戦してみましょう。

離乳食を食べさせるポイント

母乳と違って欲望のまま与えるのではなく、「食事」というものを認識付けるのが大切です。

最初は、白米などをどろどろ状に調理したもの(10倍がゆ)を小さじ1、2杯から少しずつ慣らしていきます。

あまり食べずすぐに吐き出す子の方が多いですが普通のことです。赤ちゃんは、初めての食べ物を食べた時にその1つ1つを舌で確かめて記憶しています。始めは味付けはせずに、食材そのままの味で食べさせてあげてください。いろいろな素材を混ぜて与えてしまうと、その味を覚えられなくなり、アレルギーが出た時、何が反応したのか分からなくなってしまいます。始めのうちは1つ1つの食材をペースト状にして与えるのが良いでしょう。

イラスト離乳食の進行具合は、一人一人個人差があります。離乳食を食べるのが早いのと遅いのとで成長に大きな違いはありません。離乳食よりおっぱいを欲しがる場合は、中断してたくさん与えてあげましょう。食事は楽しい時間となるように心がけてあげてくださいね。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年11月14日 母乳育児から離乳食の進め方~いつから始めるのが平均的? はコメントを受け付けていません。 母乳育児と離乳食