冬に食べることが多くなるお餅。母乳トラブルの元になるって本当?

これからの冬の時期に、お雑煮などでお餅って食べる機会が増えますよね。
実はお餅もち米母乳の分泌を促してしまう食べ物だって知っていましたか?

エリママは知らずに食べてしまっていて、急にパンパンに張ってしまった経験があります。まだ新生児期で赤ちゃんの飲む量も少なく、とても痛かったのを覚えています。

お餅がおっぱいトラブルを引き起こす

お餅やもち米は高カロリーな食品です。
そして、高カロリーな食材は母乳の分泌を促してしまいます。

そしてお餅やもち米は食べやすく、3つほど食べてもかなりのカロリーになりますし、水分が白米よりも少ないため、作られすぎた母乳がドロドロネバネバになることもあり、乳腺が未発達な新米ママ、乳腺が細いママなどは詰まりを引き起こして乳腺炎などのおっぱいのトラブルを引き起こしてしまうんです。

ご年配の方は、「お餅は母乳の出を良くするから食べなさい」なんて言う人もいますが、それは昔の話。現代は手軽に高カロリーな物を摂取できるようになっているので、カロリーの摂りすぎにより母乳の質を低下させてしまう原因になってしまいます。

洋食より和食中心の食生活、洋菓子よりも和菓子と言われていますが、お饅頭やおだんごなどは気を付けて摂取した方が良さそうです。

お餅やもち米の成分が良くないという訳ではないですが、手軽に摂取できる高カロリー食品なので、母乳育児中のママはこれからの時期に食べ過ぎないように注意が必要と言えます。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月23日 冬に食べることが多くなるお餅。母乳トラブルの元になるって本当? はコメントを受け付けていません。 母乳育児と食事