吐くのに飲みたがる娘…授乳後の嘔吐・吐き戻しの原因と対処法

授乳後に母乳やミルクを吐き戻してしまう…
この悩みはママならば誰もが通る道だと思います。

我が子も吐く・飲む・吐く・飲む…の繰り返しで、げろげろ吐いても特別苦しがっている様子もなく体重が順調に増えていたので病院には行きませんでしたが、初めてのママとしては不安になるでしょう。

新生児期の赤ちゃんの胃はとっくりのような形をしているのですが、大人とは違い筋肉が未発達。胃の入り口が閉まっておらず、そのために母乳やミルクの飲み過ぎや胃の中に入った空気が逆流して吐いてしまうんです。

吐き戻してしまう原因と対処法

baby

ゲップなどガス抜きが不十分

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んでいる時にたくさんの空気も飲んでしまっています。
まだ一人で上手くゲップができない赤ちゃんの為に授乳後にゲップをさせてあげないと、胃の中で逆流してしまいゲップと一緒に吐き戻してしまいます。

授乳後は、ゲップなどガス抜きをするようにし、どうしてもでない場合などは、横に寝かせるか、頭を少し高くして寝かせてあげましょう。

赤ちゃんの胃はまっすぐな“とっくり”のようになっているので頭を少し上げて傾斜をつけることにより、吐き戻しを少なくしてくれます。寝かせておく場合は吐き戻しが原因の窒息に気を付けましょう。

お腹が張っているなど空気をたくさん飲んでしまっている場合、授乳中にもゲップを出してあげるようにしてみて下さい。

母乳が出過ぎている場合

生後3ヶ月ほどの赤ちゃんは、満腹中枢が働いていないため、お腹がいっぱいになったと感じずに飲み過ぎている場合があります。

決めた時間内の授乳でも新生児期の赤ちゃんは飲む量が少ないので、母乳がたくさん出ている場合は飲み過ぎてしまうようです。こういった時は、決めた授乳の時間を少し短めに変えてみましょう。

出過ぎと感じている場合、赤ちゃんに飲ませた後に搾乳して全部出し切りたいと思ってしまうかもしれませんが、張り返しといって更に母乳の分泌を促してしまうので逆効果になってしまいます。搾乳したい場合、授乳前に少量搾乳してから短めに授乳してみましょう。

体調不良による吐き戻し

飲み過ぎガス抜きが原因での吐き戻しは、吐いてからケロっとしている事が多いですが、吐く量が異常だったり吐き戻しが止まらずぐったりしている場合は病院を受診してください。頭を強く打ったなどの後の嘔吐は危険性が高いので早急に病院を受診しましょう。

イラスト生後3ヶ月を過ぎて来れば、胃の筋肉も発達してきて吐き戻しは少なくなっていきます。吐き戻しが多く心配な時は、体重の変化を確認してください。少しづつでも体重が増えていれば何度嘔吐していても問題はありません。赤ちゃんの様子をしっかり見てあげる事が大切ですね。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月1日 吐くのに飲みたがる娘…授乳後の嘔吐・吐き戻しの原因と対処法 はコメントを受け付けていません。 母乳育児と母乳不足