母乳過多による乳腺炎・乳腺腫用の治し方

母乳育児が軌道に乗り始め、分泌が盛んになると起きやすくなるのが、おっぱいのトラブル「乳腺炎」。同じ姿勢ばかりで授乳していたり、母乳の分泌量と赤ちゃんの飲む量が伴わないと母乳が乳房内に残ってしまい乳腺炎になるのです。

乳腺炎にも種類があり、急性うっ滞乳腺炎化膿性乳腺炎があります。
それぞれの症状の特徴・対処法を解説していきます。

乳腺炎の種類と対処法

急性うっ滞乳腺炎

乳腺や乳菅に母乳が溜まっている状態で、詰まっている部分が炎症を起こしおっぱいが赤く腫れたり、熱を持っていたりチクチク痛む、微熱が出るのが特徴です。

対処法としては、とにかく吸わせること。
化膿していたり、細菌に感染しているわけではないため、こまめに授乳し詰まりを取り除くことが大切なんです。乳腺炎にかかっているおっぱいをあげてもいいの??と疑問に感じている方も多いと思いますが、「たまに」なら問題ありません。飲んでくれないときもありますが、「今日はちょっとしょっぱいな」くらいにしか思っていません。急性うっ滞乳腺炎の母乳は、栄養価が著しく低いわけでも、赤ちゃんに菌が感染したりするわけでもありません。

熱を持ってしまったおっぱいには、自然療法であるじゃがいも湿布やキャベツ湿布、ペパーミント湿布などが熱を吸い取る効果があるので試してみてください。痛みや熱が強い場合は、冷えピタなども実は効果的です。

化膿性乳腺炎

乳腺や乳管が細菌に感染して化膿している状態です。これはほとんどが赤ちゃんの口の中にいる細菌によって感染してしまったケースです。乳頭裂傷を起こし切れたり傷付いた乳頭からも感染します。患部の腫れ、かたいしこり、高熱が出る、ズキズキ痛むなどの症状が現れ、急性うっ滞乳腺炎より症状が重くなるのが特徴です。

母乳は血液からできているため、このような細菌性乳腺炎は全身に炎症が現れ、確実に38〜39度以上の高熱が出ます。排乳すると、粘り気のある黄〜緑色の膿のようなものが出るようになります。

対処法としては、すぐに病院で診察を受けること。化膿性乳腺炎になってしまったら、自分ではどうしようもありません。授乳していても飲める薬を処方してもらえ、正しいマッサージと排乳方法を教えてくれます。

病院に行ったあと、自宅でもできる対処法としては、伝授してもらったマッサージと排乳、そして授乳です。「こんな状態の悪い母乳(膿)をあげて本当にいいの??」いいんです。ただし、赤ちゃんも積極的には飲んでくれません。美味しくないですから。それよりも、授乳をやめてしまうことによる炎症悪化や、他の乳腺や乳管への化膿の転移の方が恐いんです。

①病院に行く
②病院でもらった抗生剤を飲みつつ、伝授されたマッサージと排乳を行う
③とにかく授乳する

病院に行ったのちは②、③をひたすら繰り返します。特に「③授乳」の手を休めないことが重要です。

乳腺腫用になる前に

急性うっ滞乳腺炎化膿性乳腺炎について症状・対象法については理解できたでしょうか?繰り返しになりますが、どちらも重要なことは「授乳させる」ということです。

「乳腺炎になってしまったから授乳できない」はただの言い訳。授乳自体が治療の手段であることを忘れないでください。

これを放置(授乳を中断)してしまうと、最悪の場合乳腺腫用になる可能性が高くなります。

乳腺腫瘍とは、溜まった膿が固まってぶよぶよに腫れ上がった腫瘤状態の症状。こうなってしまったら残念ながら切開による外科手術が必要になります。マッサージや授乳などでは太刀打ちできず、もはや排乳すらできません。最近では外科手術も本当に技術が高くなりましたが、メスを入れる以上、その傷跡は外傷として一生残ることとなります。つまり、消えません。

そうならないための授乳排乳マッサージです。
「何かおかしい」そう思ったらすぐに病院へ行き、できるだけ自己判断はしないようにしてください。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2016年1月26日 母乳過多による乳腺炎・乳腺腫用の治し方 はコメントを受け付けていません。 母乳育児と病気