マタニティブルー・産後うつは病院で治療すべき「病気」

マタニティーブルー、産後うつはとても怖い「病気」です。
急に直面した「育児」というものに対する使命感、恐怖感、産後のホルモンバランスの崩れなどが影響し、2人に1人の割合で実感しているママがいると言われています。

マタニティーブルーと産後うつの違い
【マタニティーブルー】
産後2~3日で発症する「軽うつ状態」。急に襲い掛かる使命感に対し「逃れたい」と思う本能と、産後のホルモンバランスの変化による情緒の変動が原因と言われており、1~2週間程度で解消します。

【産後うつ】
産後2週間程度経ってから症状として現れる「うつ病」。産後うつは医学的にも認識されている症状で、母子心中や、遺棄・殺害、自殺願望などにもつながり近年問題になっています。

産後うつ、マタニティブルーの解消法

家族・親戚の協力を求める
イライラの原因のほとんどが夫や親戚など身内間にあると言われています。「協力してくれない」「なんで私だけ」「自分の時間がない」など、ママ自身が孤独にさらされてしまうことが大きな原因だと多くの精神科医が話されています。

何もしてくれない夫に対して、愚痴をこぼすだけでも対策としては効果があります。ついつい自分の中で抱え込みがちになってしまいますが、口に出すことですっきりします。「愚痴をこぼす」「思いを声に出す」という行為は医学的にも精神的にも良いとされています。

 

睡眠不足は錯覚
マタニティブルーや産後うつの主な原因が「睡眠不足」であるとよく言われますが、“授乳中に限り”、母体は少ない睡眠時間で質の良い睡眠を取ることができるよう変化するのです。

「病は気から」ではありませんが、人間の体は良くも悪くも単純で、「睡眠不足だ」と感じてしまうだけで本当に体調が悪くなってしまうのです。つまり、この事実(睡眠不足は錯覚であること)を知っているだけで、心理的にもだいぶ楽になるのではと思います。

 

母乳育児を継続する
授乳はマタニティブルー、産後うつを解消する一番効率の良い方法です。

母乳をあげることによって「愛情ホルモン」といわれる精神安定効果のあるホルモンが分泌されます。社会的な要因によってミルク育児にせざるを得ないママでも、目的を持った「混合育児」であれば母乳トラブルを誘発することはありません。母乳をあげる授乳という行為は、ママだけに授けられた尊いもので、赤ちゃんをかわいいいとおしいと思える最大の手段です。

 

精神科を受診
不安を煽るわけではなく、実際に「産後うつ」による精神科への受診患者数は増加傾向にあります。授乳婦であるため薬漬けにされたり、通院を強いられたりするわけではないため、話を聞いてもらう感覚で精神科を受診するのもいいかもしれません。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2016年1月15日 マタニティブルー・産後うつは病院で治療すべき「病気」 はコメントを受け付けていません。 母乳育児と病気