たんぽぽ茶で鉄分不足は解消できる?発酵ギンネムとは?

母乳育児に欠かせない飲み物と言えばたんぽぽ茶ですが、なぜここまで評価されているのかというと、授乳婦にとって失われがちな鉄分を上手に補うことができるためです。

例えばティーライフのたんぽぽ茶で言うと、たんぽぽ根自体に含まれる鉄分の他、発酵ギンネムという植物からも鉄分を補給することができます。

→たんぽぽ茶に関する効果効能についてはこちら

たんぽぽ茶に含まれる鉄分の働き

たんぽぽ茶に含まれる鉄分

たんぽぽ根

たんぽぽ茶に含まれるたんぽぽ根には、豊富な鉄分の他、ビタミンBビタミンCミネラル成分といった母体の健康・母乳生成に関わる必要な栄養素を満遍なく取り揃えています。

鉄分は血液をサラサラにして全身に酸素を送ることが主な役割です。特に、ビタミンB群とミネラルと同時に摂ると鉄分の働きを増大してくれるため、たんぽぽ茶は鉄分不足のママにとって理想的な飲み物なんです。

発酵ギンネム

鉄分不足が気になるママは、たんぽぽ茶を選ぶとき「発酵ギンネム」が一緒に配合されていることを確認すると良いでしょう。

「ギンネム」とは沖縄のサンゴが隆起してできた土壌に生える植物で、豊富な鉄分・カルシウムが含まれています。沖縄で伝わる発酵ギンネム茶には、鉄分・カルシウムが通常のお茶よりも多く含まれています。

発酵ギンネム茶の鉄分・カルシウム含有量

しかし発酵ギンネム茶では鉄の働きをサポートするビタミンやミネラルの補給ができないので、母乳育児を目指すママはたんぽぽ茶が効率の良い摂取方法と言えます。もちろん併用もOK。

授乳婦に必要な鉄分摂取目安は7~10mg程度なので、発酵ギンネム・たんぽぽ根を含んだたんぽぽ茶を毎日2~3杯と、無理のない通常の食事から補うことできるはずです。

→発酵ギンネムを含んだたんぽぽ茶

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月15日 たんぽぽ茶で鉄分不足は解消できる?発酵ギンネムとは? はコメントを受け付けていません。 母乳育児とたんぽぽ茶