母乳育児中におっぱいが熱を持って痛い。乳腺炎の症状と原因は?

母乳育児をするママにおっぱいトラブルはつきものですが、その中でも特に辛く、多くのママを悩ませるのは乳腺炎ではないでしょうか。

乳腺炎の症状は主に、

おっぱいにしこりのような固いものができる
おっぱいを触ると痛い
おっぱいが赤みを帯び、熱を持っている
発熱、寒気
搾乳すると母乳が黄色味がかっている

などがあります。
乳腺に詰まりを起こして炎症しているので、高熱が出る人もいます。
高熱が出た場合は病院を受診してください。

乳腺炎になる原因

baby

 糖質、脂質の多い食生活

乳腺炎になる原因の多くはママの食生活にあると言われています。
母乳育児中はお腹が空きやすく、沢山食べた方が良いですが、糖分や油分が多いものを食べ過ぎると、ドロドロとした母乳になり、乳腺を詰まらせてしまいます。

 同じ授乳法でばかり授乳している

いつも横抱き、縦抱きでの授乳をしていると乳腺に母乳の飲み残しが溜まりやすく、乳腺炎に繋がります。
また、出が良いおっぱいでばかり授乳をすると、出が悪い方のおっぱいは古い母乳が溜まり乳腺炎になります。

 下着などでのおっぱいの圧迫

産後すぐに通常の下着に戻していませんか?
通常の下着は形をよく見せる為に、圧迫し持ち上げて少しキツくなりがちです。
妊娠前に使っていた下着に戻すなどすると、母乳育児中はおっぱいのサイズも変わるので尚更圧迫してしまいますよね。圧迫すると乳腺も圧迫され負担が大きくなり乳腺炎に繋がります。

 

代表的な乳腺炎の原因をご紹介しました。
乳腺炎になってしまった場合は、無理のない範囲で授乳を続けこまめに飲んでもらうようにした方が良いのですが、乳腺炎になったおっぱいは美味しくないので飲んでもらえないことがあります。

また、おっぱいが熱をもっていて熱い時は、昔ながらの民間療法のじゃがいも里芋湿布ペパーミント冷湿布冷えピタなどでおっぱいを冷やすのが効果的で痛みが和らぎます。
しかし、あまりにも痛く、高熱が出たり不安な場合は病院を受診し、早めに治すようにしましょう。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月30日 母乳育児中におっぱいが熱を持って痛い。乳腺炎の症状と原因は? はコメントを受け付けていません。 母乳育児と病気