母乳育児から卒業~卒乳と断乳の違いって何?

「1歳も過ぎたしそろそろ母乳はやめた方がいいのかな…?」
多くのママは1歳を目処に母乳から卒業させようと考えるようです。

特に赤ちゃんの体が大きくなってくると、抱っこするのに負担がかかったり、人目を気にすることが多くなります。育児休暇についても「1年」としている会社が多いので、この時期を目安とする傾向にあるようです。

卒乳と断乳の違い

baby

【卒乳】

母乳の回数を減らし離乳食なども進んでいき赤ちゃんが自分から母乳を欲しがらなくなる事。

【断乳】

「断つ乳」と書くようにママが日にちを定めて、おっぱいを飲ませるのをやめる事。

 

卒乳と断乳の違いは、赤ちゃんからやめるか、ママの都合で断つかの違いです。

1歳だから母乳から卒業しなくてはと急いで断乳するママも多いようです。しかし、焦る必要はありません。断乳、卒乳は明確な時期は決まっていないんです。

1歳から1歳半の授乳は、赤ちゃんとママにとって精神的な面で重要だと考えられています。授乳は赤ちゃんの精神安定にとってとても大切です。離乳食がたくさん食べられていてもママのおっぱいが大好きで母乳っ子の赤ちゃんは中々断乳しにくい傾向にありますが、ママにくっついて甘えていたいのかもしれませんね。

1歳半から2歳を目処に母乳を卒業している子が多いですが、3歳になっても授乳している子はたくさんいます。赤ちゃんも1人1人個性があるので目安などを参考に母乳を突然やめるのではなく、少しづつ母乳卒業の計画を立てていきましょう。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月10日 母乳育児から卒業~卒乳と断乳の違いって何? はコメントを受け付けていません。 母乳育児と卒乳・断乳