母乳育児中の体調不良~薬を服用したら“一時断乳”はウソ

母乳育児中の薬の服用・・・
・薬が赤ちゃんに影響を与えることはあるの?
・母乳で赤ちゃんに伝わってしまうのが怖い!
・体調が悪くなったら母乳を与えてはだめなの?

 薬の成分が赤ちゃんに影響を与えることはありません。安心して授乳してください。

内服薬と母乳、赤ちゃんへの影響

母乳育児中の体調不良

母乳育児中、薬を服用しても赤ちゃんに影響を与えることはありません。

「授乳中は薬を飲めない」
「薬を飲んだら授乳は中断」

そう思い込んでしまっているママたちが日本は特に多く、他国と比べると薬からの赤ちゃんへの影響を心配しすぎるあまりに、母乳を中止する傾向にあるようです。

ママが飲んだ薬は、確かに赤ちゃんにも吸収されます。しかし、母乳を通して赤ちゃんが吸収する量は飲んだ薬の成分のうちのごく微量であることがわかっているのです。

内服薬の母乳移行率は約0.5%
その母乳を赤ちゃんが飲んで、0.5%すべてを吸収するわけではありません。

この微々たる量が赤ちゃんに悪影響をもたらすとは到底思えませんよね。

ほとんどの薬は問題なく服用できる

病院で処方された薬はもちろんの事、一般的に売られている市販薬も授乳中に飲める薬はたくさんあります。

むしろ風邪などひいている場合は、赤ちゃんに移さないようにしましょう。

薬の影響が気になる場合は、授乳直後に薬を飲むようにして下さい。次の授乳までに3時間ほど経過していれば母乳に含まれる薬の成分を減らすことができ、赤ちゃんの体内に入る薬の量も減ります。もしくは、搾乳してから赤ちゃんに授乳すれば尚更安心ですね。

ただ、「赤ちゃんに影響を与える薬」は少数ですが確認されています。
赤ちゃんの体に蓄積され排泄できない成分などが含まれたものです。全くないわけではないことは覚えておきましょう。

一般的な風邪薬や腹痛薬、解熱剤、鎮痛剤、抗生剤、抗ウイルス剤(タミフル・リレンザなど)は問題ありませんが、そうしたものではない特殊な薬を服用する場合は医師や薬剤師、母乳育児に詳しい内科医などに相談してみましょう。

ちなみに医師や薬剤師はほとんど母乳の性質や構造を把握していないことが多いため、薬が身体に与える影響のみをピンポイントに尋ねるようにするといいです。逆に助産師さんの場合は薬のことは全く分からないことがあるので、聞く分野は自分の中で確立しておいてください。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年11月14日 母乳育児中の体調不良~薬を服用したら“一時断乳”はウソ はコメントを受け付けていません。 母乳育児Q&A