頻回授乳を心がけているのに母乳が出ないときはどうすればいいの?

完母でも混合でも、母乳の出が悪いと悩むママの最も多い原因は水分不足です。

母乳育児を行うにあたって必要なママの水分摂取量は3.2Lです。

恐らく自信を持って「毎日3.2L飲んでます!」と言えるママは少ないのではないでしょうか。

母乳の99%は水分で構成されている

bonyubusoku

母乳には赤ちゃんの成長に必要な成分が非常にたくさん含まれています。ただ、その99%は水分であり、基本の水分補給が不足するといくら赤ちゃんに吸ってもらったとしても母乳は作られないのです。

頻回授乳をしましょう、赤ちゃんが欲しがる限り母乳を与えましょう、というのはママの生命活動を邪魔しない以上に水分を摂取していることが前提です。

上手に水分補給を行う方法

しかし、3.2Lをがぶ飲みすれば母乳の出が良くなるというわけでもありません。

これは1日の成人女性の摂取目安2.2Lと、赤ちゃんが1日に飲む母乳1Lを足した数字です。

1日の中で満遍なく水分補給を行い、腎臓に負担がかからないよう尿の回数を減らすため一度に飲む量を少なくすることがポイントです。

☆上手に水分補給を行うテクニック☆

・体を冷やさないようぬるま湯か白湯で飲む
・ちびちび時間を空けながら飲む
・ハーブティーやタンポポ茶などで味を変える
・自宅にウォーターサーバーを設置する
※今のウォーターサーバーは白湯も出ます
・野菜や果物など水分量が多い食べ物を習慣にする
・利尿作用のあるジュースやコーヒーは控える
・発汗作用のある激辛料理・エスニック料理は控える

一番やってはいけないことは一気に飲んでしまうこと。
腎臓が処理しきれず、ほとんどすべて尿となって出てしまいます。これでは全く意味がありません。

体が冷える原因にもなるため、白湯やハーブティーなどを織り交ぜながら味も楽しめる工夫を行なっていくと続けられるようになります。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月5日 頻回授乳を心がけているのに母乳が出ないときはどうすればいいの? はコメントを受け付けていません。 母乳育児と母乳不足