母乳育児体験談~赤ちゃんに初乳をあげられたときは辛い思いも吹っ飛ぶ

母乳育児に関して絶対にやるべきこと

産まれてすぐのわが子が、おっぱいだけは一生懸命吸う姿は愛しさ満載ですよね。

母乳育児で何より一番やってほしいのは、お母さん自身がリラックスした気持ちでおっぱいをあげて欲しいということです。

産まれてすぐ、特に初めての赤ちゃんだと、母乳はなかなか出にくいもの。ただでさえホルモンの影響で心が不安いっぱいになりやすい時期です。

おっぱいがなかなか出なくて、赤ちゃんが大泣きしたり、慣れない授乳におっぱいが痛かったり。そんな時やっぱりお母さん自身が不安で焦ってしまう。すると不思議なもので、赤ちゃんもお母さんの気持ちが分かるようにもっともっと泣いて更に授乳が上手くいかないなんてことになりかねません。

最初はみんな下手です。みんなが一年生です。でも、慣れてどんどんお互い上手くなります。大丈夫です。なので、「リラックスしておっぱいをあげる」。これが一番やって欲しいことです。

「母乳育児体験談~赤ちゃんに初乳をあげられたときは辛い思いも吹っ飛ぶ」の続きを読む…

母乳育児体験談~くわえさせ方が下手だと乳首が切れて傷跡が残る

初乳の免疫力が母乳育児をしようと思ったきっかけ

最初は自分の母乳がきちんと出るかわからなかったので混合でもいいかなと思っていましたが、初乳は栄養があり我が子の免疫力を高めると教えていただいたので、最初は何が何でも母乳であげたいと!と思いました。

我が子との相性は良く一生懸命飲んでくれたので最初の心配は全くなくなり母乳がしっかり出ていたのでミルクを足さなくても大丈夫でした。

こうなると産休中で子供と離れる事がない私には経済的にも母乳の方が良かったですし、わざわざ作る手間もなくなり夜中の授乳もすんなりできるので、そのまま母乳育児にしようと思いました。

「母乳育児体験談~くわえさせ方が下手だと乳首が切れて傷跡が残る」の続きを読む…

母乳育児体験談~直母で母乳を吸ってもらうまで1ヶ月かかった

母乳育児をしようと思った理由、きっかけ

母乳といえば生まれたばかりの新生児の赤ちゃんにとって、とても大事な栄養源です。
しかも栄養だけではなく、赤ちゃんが生まれてから三ヶ月間は、母親から母乳を通して赤ちゃんに免疫を与えられることができます。

そしてなによりも、赤ちゃんとの一番のスキンシップになります。
この事が、私が完全母乳育児をしていこうと決めた理由です。

「母乳育児体験談~直母で母乳を吸ってもらうまで1ヶ月かかった」の続きを読む…

完全母乳育児体験談~一日中吸わせているのに体重が減るのはどうして

母乳育児をしようと思った理由・きっかけ

自分はとても意識の高い母親で、20代後半に結婚をして子供を授かるまでは子供のためになりそうなスキルを上げる事に必死でした。

子供が出来たら手作りのセーターを編んであげたいから編み物を勉強したり、調理や栄養を学んだり…。なのでもちろん完母が当たり前だと思い込んでいたし、出来るならば布おむつで、なんて思っていました。妊娠中には母乳育児の本を借りておっぱいマッサージをしたりし、それが当たり前だと思っていました。

「完全母乳育児体験談~一日中吸わせているのに体重が減るのはどうして」の続きを読む…

完全母乳育児体験談~メデラ軟膏で対処、哺乳力で乳首が切れる炎症

母乳育児をしようと思ったきっかけ

何てことない、やるしかなかったからでした。
上の子がちょうど2歳になりイヤイヤ期真っ盛り。

同時に赤ちゃん返りを発症した上の子に手がかかりすぎて、下の子のためにお湯を沸かしてミルクをつくり、冷水で冷やして哺乳瓶でミルクを与え、飲み終わったあとの瓶の消毒…の流れを煩わしく思ったからです。

泣いたその場で服を脱ぎおっぱいをあげる方が断然楽でした。

「完全母乳育児体験談~メデラ軟膏で対処、哺乳力で乳首が切れる炎症」の続きを読む…

母乳育児体験談~乳糖不耐症になったら「ラクトレス」ミルクを飲ませる

おっぱいマッサージは必須!

赤ちゃんが生まれてからスムーズに授乳できるように、おっぱいマッサージはしておいた方が良いです。

私は、臨月頃から、おっぱいマッサージを始めました。乳房と乳首のマッサージを毎日1回。すると、予定日に近づくにつれ、柔らかくなって、乳首をぎゅっと絞ると母乳がたらりと1滴垂れるようになりました。

おかげで、産後は開通が良く、2日目に10mlほど出ました。
それから徐々に出る量が増え、乳首が切れるトラブルもなく順調に母乳を飲ませることができました。

赤ちゃんもお腹の中で指しゃぶりをして練習しているのだから、出産が近づいたら、ママも一緒になって忘れずに毎日おっぱいケアをしましょう。

「母乳育児体験談~乳糖不耐症になったら「ラクトレス」ミルクを飲ませる」の続きを読む…

母乳育児失敗談~赤ちゃんが飲みにくい乳首・おっぱいの形

母乳育児をしようと思った理由・きっかけ

子供が生まれる前に漠然と赤ちゃんを育てるのは母乳で、と考えていました。
そもそもミルク育児は母乳が出ない人や、やむ追えない理由がある人が選択するものだと思っていたからです。

それに私の母は私を含む子供3人の育児のとき、どんなに頑張っても母乳がでなかったようで3人みんなミルクで育ててもらっていて、「母乳が出るならそれにこしたことはない、私もどうしても母乳で育てたくて頑張ったけど無理だった」という話を聞いていたので、出るなら母乳で育てたいと思っていました。

それに、妊娠後期には母乳が滲むようになっていたので、母乳が出ないのは遺伝ではなく私は母乳育児が出来そうだなとも感じていました。
「母乳育児失敗談~赤ちゃんが飲みにくい乳首・おっぱいの形」の続きを読む…

完全母乳育児体験談~ミルク嫌いの子供のおかげで完母成功

母乳育児をしようと思った理由・きっかけ

私が母乳育児をしようと思った一番の理由は、通っていた病院の助産師さんからのアドバイスです。

当時お世話になっていた病院は助産師さんが多く在籍する大型の病院で、私は医師でなく助産師との自然分娩を希望していたので毎回の検診も助産師さんが行ってくれていました。

助産師さんは毎回の検診の中で母乳育児の大切さについて(赤ちゃんの免疫づくり、親子の絆)についてよく話してくれていたので、私の中でも「母乳育児」が最適の方法なのだという考えができていました。

その他には妊婦用の雑誌なでども自然分娩や母乳育児についてのメリットを読むことが多く、自分も母乳がたくさん出るのであれば出来るだけ母乳だけで育てたいとの思いがどんどんと強くなりました。私の中にミルクや混合がダメという考えはありませんでしたが、完全母乳育児ができるのであればその方が良いという思いがありました。

「完全母乳育児体験談~ミルク嫌いの子供のおかげで完母成功」の続きを読む…

母乳育児体験談~混合から途中で完母に変更、乳腺炎も克服

母乳育児をしようと思った理由・きっかけ

私がお世話になった産婦人科では、産後の入院中に授乳の前後に赤ちゃんの体重をはかり、どのくらい母乳が出たのか毎回チェックをしていました。

その頃はまだあまり母乳が出ておらず、1回の授乳で20~60ml程しか出ませんでした。なのでそのあとにはミルクを足して混合育児でした。

退院してからも混合で育てていましたが、少しずつですが母乳の量が増えてきたのを感じ、そして哺乳瓶の乳首を新しい物に替えてから娘はあまりミルクを飲んでくれなくなりました。

当時義母が頻繁に我が家に訪れ、授乳以外ミルクの時も、げっぷをさせる時ですらずっと娘を抱いており娘をとられてしまったような感覚になり、哺乳瓶の乳首のことを期にミルクをあげるのは辞めようと思いました。

「母乳育児体験談~混合から途中で完母に変更、乳腺炎も克服」の続きを読む…

完全母乳育児体験談~乳腺炎で40度の高熱!おっぱいが岩のように硬くなった

母乳育児をしようと思った理由・きっかけ

私には現在3歳と1歳の子供がおり上の子は卒乳しましたが2人とも完全母乳育児です。

母乳育児をしようと思ったきっかけは2つあり、1つ目は単純ですが金銭面の負担がミルクに比べとても少ないことです。ミルクだと粉ミルクや哺乳瓶やその消毒グッズなどお金がかかると病院の母親教室で言われたので、恥ずかしながら家計に余裕があまりなかった私はできる限り母乳で育てたいと思っていました。

2つ目は、母乳育児だと夜中赤ちゃんが起きたときにも添い乳で寝ながら授乳もできるので冬に出産する予定だった私は、布団から出なくて済むのがいいなと思ったのも理由です。もちろんどんなに頑張っても母乳が必要以上に出ない場合もあるのでそのときは仕方ないと割り切ろうと考えていました。

「完全母乳育児体験談~乳腺炎で40度の高熱!おっぱいが岩のように硬くなった」の続きを読む…