逆に心配!夜泣きも少なく母乳を飲まないで寝る赤ちゃん

赤ちゃんにとって「泣く」という行為は、実はとっても体力の使うこと。すごく疲れるんです。育児や家事に追われるあなたもわざわざ体力を使うことなんてしたくないですよね。

だから赤ちゃんの夜泣きが少ないからといって過剰な心配はしなくて大丈夫。それはあなたの母乳に満足して、一度の授乳でしっかり栄養を与えられている証拠です。自身を持って母乳育児に取り組んでください。

「逆に心配!夜泣きも少なく母乳を飲まないで寝る赤ちゃん」の続きを読む…

質の良い母乳・悪い母乳の見分け方&チェック方法

「質の良い母乳を与えたい!」

という思いは母乳育児を目指すママであれば誰しも思うこと。

食や生活環境を気にしながらも、実際に赤ちゃんに質の良い母乳を与えられているか?という部分においては、意外と分かりにくい部分でもあります。

そこで目安となるチェック表を作成したので、母乳育児の参考にしてみてください。

「質の良い母乳・悪い母乳の見分け方&チェック方法」の続きを読む…

生後3ヶ月でも頻回授乳の赤ちゃんは未熟児なのか

母乳チェック

自律神経が形成され、「おなかいっぱい」という認識がつく大体の目安が生後3ヶ月だと言われています。3ヶ月を過ぎ始めると、

授乳間隔が開くようになる
一度に飲む量が増える

と、次第に赤ちゃんも学習していきます。ただこれはあくまで目安であって、当てはまらない子ももちろんいます。「学習能力がない」「未熟児」と判断してしまわないよう、赤ちゃん個々の成長スピードを見守りましょう。

「生後3ヶ月でも頻回授乳の赤ちゃんは未熟児なのか」の続きを読む…

母乳が出ない本当の原因は水分不足!安易にミルクを足さないで

母乳不足と水分不足

「母乳が出ない!」と相談される方にエリママが共通してアドバイスしているのは、

「水を飲んでください!」

ということ。母乳は栄養の宝庫と言われていますが、蓋を開けてみればその99%が水分です。しかしそこに凝縮された成分を効率良く吸収できるのが母乳のいいところ。だからいくら飲んでも太らないんですね。

そして、母乳が出ない原因も、そもそもママ自身の水分量が足りていないことが大きな要因となっているんです。

「母乳が出ない本当の原因は水分不足!安易にミルクを足さないで」の続きを読む…

頻回授乳で母乳をあげてるのにおっぱいが張らないのはどうして?

差し乳・張らないおっぱい

おっぱいにはそもそも張る乳(溜まり乳)張らない乳(差し乳)があります。
張る乳の人は、赤ちゃんを産んで間もない頃からおっぱいがパンパンに張ってしまいますし、張らない乳の人はいつまでたっても張りません。

張らない人から見たら、張るおっぱいは本当に魅力的ですが、実は張らない乳(差し乳)の人の方が母乳育児を行う上でメリットが多いのです。

「頻回授乳で母乳をあげてるのにおっぱいが張らないのはどうして?」の続きを読む…

出過ぎる母乳を絞ると逆効果って本当?

出過ぎる母乳

母乳が出過ぎる場合、「絞る」という行為は極力避けた方が良いでしょう。

乳腺炎やおっぱいの張りが心配な場合、ほんの少しだけ圧抜きをしてください。
ポイントは「ほんの少しだけ」というところ。

母乳生成のシグナルは、乳頭への刺激母乳の分泌です。絞れば絞るほど母乳は作られてしまいますので、おっぱいをかばいつつ、赤ちゃんが飲んでくれるのを地道に待ちましょう。

「出過ぎる母乳を絞ると逆効果って本当?」の続きを読む…

もしかして母乳不足?母乳育児をしたいのにおっぱいが出ない!

「母乳が出ない!!」と思ったらまずはこれを確認!

・1日7~12回くらいおっぱいを飲んでいる
→片方のおっぱいで20分ずつを目安に飲ませてあげましょう。
・1日7回くらいおしっこが出ている
・1日で平均30g程度体重が増えている
→母子手帳などには30gとかかれていますが、1日平均10~30g増えていれば充分です。毎日体重計で測らなくても1ヶ月検診時に増えているか確認があります。
・赤ちゃんが生き生きしていて元気

「もしかして母乳不足?母乳育児をしたいのにおっぱいが出ない!」の続きを読む…