たんぽぽ茶は母乳の出過ぎ・母乳量のバランスを整える効果

「たんぽぽ茶は母乳不足の人が飲むもの」って思っている方が多いようですが、決してたんぽぽ茶は母乳量を増やす飲み物ではなありません。理解としては、母乳量を適性にするというイメージです。

なので、母乳が出ないという人はもちろん、母乳の出過ぎ・溜まり乳で悩んでいる人や、母乳の質を良くしたいという方にも効果的なんです。

→詳しいたんぽぽ茶の効果・効能はこちら

たんぽぽ茶が母乳の出過ぎにどうアプローチしているの?

tanpopo

たんぽぽ茶に含まれるたんぽぽ根は母乳に効果があると言われている唯一の漢方薬で、古くから飲まれてきました。

特に血行の促進冷えの改善ホルモンバランスの安定化という面で効果が高く、女性にとって授乳期や妊娠中に関わらず必要だと言われているんです。

そもそも母乳が出過ぎてしまうという方は、ホルモンバランスが安定せず、自律神経が暴走気味な方(落ち着かない・ストレス過多・疲れ・食の偏りなど)に多い傾向があります。症状の原因としては「母乳が出ない」と悩んでいる方と実は似たところがあるんです。

特にたんぽぽの根には鉄分やミネラル、ビタミン類を含んでいるため、授乳によって失われがちな成分も補給してくれるため、ママの健康状態も維持できるのです。飲み物なので毎日摂ることがそこまで高いハードルではなく、継続しやすいという面もメリットの一つです。

実際に助産院では、「母乳が出にくい人」「母乳が出やすい人」といった区分けを特に行わずにたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを提供しています。助産院やお医者さんはたんぽぽ茶を「母乳量を増やすもの」とは思っていないんです。

ママが健康であれば母乳の質・量が最適化されるため、その手段としてたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒー、ルイボスティーなどがあるんです。

Sponsored Link


母乳育児サポートメニュー

2015年12月16日 たんぽぽ茶は母乳の出過ぎ・母乳量のバランスを整える効果 はコメントを受け付けていません。 母乳育児とたんぽぽ茶